五稜郭へ夢紀行
HOME>>公園>>五稜郭タワー

五稜郭タワー

五稜郭公園入り口の前に五稜郭タワーが立っています。タワーの高さは107mで、展望台からは星形の五稜郭公園全景を見ることができ、また函館の街並みを遠くまで見渡すこともできます。多くの市民・観光客が立ち寄り、展望台からの眺めを楽しみ、展示を観賞し、お土産を求めていきます。

タワーの世代交代

新旧五稜郭タワー

現在立っている五稜郭タワーは2代目です。初代のタワーは五稜郭築城100年を記念し、1964年12月に完成し開業しましたが、その高さは約60mで、星形の公園全景を見ることはできませんでした。41年後の2006年4月1日に、2代目タワーが完成し、営業を開始しました。それ以後、展望台からは、五稜郭公園の全景を見渡せるようになりました。

新しい五稜郭タワー

新五稜郭タワー

タワー本体の高さは98mで、その上にたつ避雷針の先まで107mあります。展望台および塔本体全体が、五稜郭公園の形に合わせ、五角形の星形をしています。市街地のほぼ全域から見え、隣接する市や町からも見えます。日が暮れると五稜郭タワーはLED照明によって、暗い空に青白く、美しく浮かび上がります。五稜郭公園を散歩する人達にとって、この五稜郭タワーは、堀や石垣やさくらと並ぶ、公園の景観の一部です。観光で訪れる人達にとっては、公園の出入り口を指し示す重要な目印です。では、中に入ってみましょう。

1・2階

1・2階は入場無料のスペースです。1階には、売店・チケット売り場・アトリウムが並び、2階には、食事できる店が3件入っています。五稜郭タワーの最大の魅力は、展望台に上がり、五稜郭公園全体と函館の市街地を見渡すことです。その場合は有料のエレベーターを利用することとなり、1階のチケット売り場でチケットを購入します。

1階

正面入り口を入るとホールがあり、その右側に多くの売店が並び、さまざまなお土産品を揃え、販売しています。正面のタワーチケット売り場でチケットを購入し、エレベーターホールから乗って、約30秒で展望台に着きます。エレベーターホール窓際に置かれている立像は、五稜郭を設計した武田斐三郎と徳川幕府の海軍副総裁だった榎本武揚(えのもとたけあき)です。

アトリウム

1階にはアトリウムと呼ばれる広々とした空間があります。そこは屋根から明るい日の光が差し込み、自由に休憩できる広場で、軽食や飲み物も販売しています。オルガン職人が製作した、手回しオルガンを展示し、週末には演奏も披露しています。人気の高い土方歳三(ひじかたとしぞう)のブロンズ像なども展示されています。その他に、この広場は、音楽会・科学展・芸能・芸術展などの事業に、無料で貸し出され、利用されています。

2階

2階には、和食・カレー・軽食など3件の店があり、食事をして休憩することができます。正面側とアトリウムの2か所にある階段を利用してください。車椅子やベビーカーを利用する人は、正面側階段の横にある業務用エレベーターを利用できます。

展望台

五稜郭タワー展望台

展望台は、展望1階と展望2階になっていて、有料エレベーターはまず最上階の展望2階に向かいます。ここからの眺めを楽しんだ後、ほとんどは階段を使い展望1階に下ります。展望1階で観覧を終えた人は、下りのエレベーターで1階に戻ります。車椅子やベビーカーを利用する人は、展望2階から展望1階へも、その後1階に下りる時もエレベーターを使うことができます。

展望1階

展望1階は、360度の全景を眺めるほかに、足元の透明な強化ガラスの床を通して、展望台の真下を見ることができます。この階にはカフェスタンドや展望売店もありますので、眺めを楽しみながら休憩や軽い飲食ができ、ここだけで販売しているオリジナル商品を買い求めることもできます。また、五稜郭のような西洋式の星形城郭は外国にもあり、それを世界地図と写真で紹介しています。

展望2階

展望2階がタワーの最上部で、ここからも360度の全景を見渡せます。この階には五稜郭と五稜郭タワーの「さわれる模型」があり、目の不自由な人が触って楽しく理解する良い教材となります。また、「五稜郭歴史回廊」には、「五稜郭復元模型」やグラフィック展示「五稜郭物語」があります。ペリー来航から始まる歴史を展示し、土方歳三のブロンズ像などを置き、多くの人の興味を引くように工夫しています。

イベント

春夏の行事

4月からこどもの日まで、高い真っ白なタワーに沿って、大きな鯉のぼりが数多く泳ぎます。7月には七夕の物語のパネルを置き、七夕飾りや願い事の短冊を飾り、子ども達を待ちます。函館の七夕の風習は独特です。提灯などを持った子ども達が、一軒一軒の家の前で、「竹に短冊♪七夕まつり♪~~ろうそく1本ちょうだいな♪」と歌います。歌ったご褒美に、家々では用意したろうそくやお菓子を配ります。タワーもそうした風習に習って、歌いながらやってくる子ども達を、お菓子などを用意して迎えます。

冬の行事

12月から2月にかけての真冬、五稜郭の堀に沿って電球を灯し、暗闇の中に星の形を浮かび上がらせる「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」、これを展望台から眺めるのも冬の楽しみとなるでしょう。同じ時期に行われる「はこだて冬フェスティバル」、公会堂や教会などが建つ元町地区も、イルミネーションで美しく飾られます。最も寒くなる2月、五稜郭公園も元町地区も、函館市民が手作りしたキャンドルを灯して歩き「光の小径」を作り上げます。元町公園から始まって、五稜郭公園、函館山登山道などと、日を追って会場を移動します。公園や街並みのイルミネーションの輝きと、キャンドルの瞬きの中を散策してみてはどうですか。