五稜郭へ夢紀行
HOME>>五稜郭を楽しもう!>>五稜郭観光

五稜郭観光

函館を訪れる観光客は年間400~500万人で、国内からだけでなく、中国・韓国など国外の観光客も多数見られます。青函トンネルの活用、高速道路や航空路の整備など、環境整備が進んだことにもよるでしょう。簡単に函館を紹介した後に、皆さんを五稜郭へとお誘いしたいと思います。

人気の観光スポット

五稜郭空撮

函館には多くの観光スポットがありますが、人気が高いのは、五稜郭、函館山と麓の西部地区です。函館朝市での買い物や湯川温泉も楽しめます。函館を観光する時、路面電車を利用することをお勧めします。自家用車やレンタカーでは、駐車場を探すのに、時間がかかることがあるからです。

路面電車

五稜郭の路面電車

主要な観光スポットの近くを走っている電車は、観光の手段として便利なだけでなく、600円で乗り放題の一日乗車券も発売されていて、見たい所で何回も乗り降りできるため、観光客にとっては非常に便利です。4月中旬から10月末まで、箱館ハイカラ號という、外観を製造当時の姿に復元したレトロ電車が運行しています。通常の電車はワンマンですが、ハイカラ號には、女性車掌が乗務しています。車掌が自分の近くに来た時に、乗客は行き先を告げ料金を払います。一日乗車券は見せるだけで乗り降りできます。また、夏の港祭りの頃には、電飾で明るく飾られた花電車を見ることができます。

函館山

函館山

函館山は高さ334メートルで、牛がねそべった形に似ているため「臥牛山」(がぎゅうざん)とも言われてきました。山頂からの眺めは絶景です。暗闇の中に輝きをちりばめた夜景は素晴らしく、「100万ドルの夜景」「世界三大夜景」と広く知られています。昼間の展望台からは、港や津軽海峡、遠くの山々なども見え、360度の素晴らしいパノラマを楽しむことができます。

西部地区

西部地区赤レンガ倉庫郡

函館山の麓の西部地区一帯が函館発祥の地で、開港当時を偲ばせる多くの建物があります。明治時代の美しい洋風建築を代表する旧公会堂や、外国との往来の先駆けとなったイギリスやロシアの旧領事館や中華会館などもあります。このあたりは坂の町で、坂を下りると港に出ます。赤レンガ倉庫群や西波止場などの建物が向かい合って建っています。西波止場の辺りは、夜になるとライトアップされ、建物や船の形が美しく縁どられ、絵の中を歩くようです。港から道路1本入った通りに、はこだて明治館も建っています。

五稜郭を歩いてみよう

では、五稜郭を歩いてみましょう。路面電車を利用し、五稜郭公園前で停車した時に、電車から降りてみましょう。ここは十字交差点になっていて、地名では本町と言い、函館の繁華街のひとつです。

五稜郭公園前

五稜郭の町並み

ここは十字交差点で、電車の線路は東方向と南方向に伸びています。電車を降りた乗降場は、この十字交差点の東の方向にあり、その先が湯川方面です。電車の線路が直角に折れた南方向は、松風町・函館駅方面です。ここから北へ向かう道を行啓通りと言い、五稜郭公園に向かう下り坂になっています。電車を降りた周囲には、デパート・銀行・市場・商店・飲食店・病院が密集し、商業やビジネスの拠点地域で、会社のビルやビジネスホテルも建ち、古い町並みの気配は全くありません。

行啓通りのイベント

行啓通りは、時にはイベントの会場になるなど、多彩に利用されています。5月の五稜郭祭では、明治維新当時の衣装で維新パレードが行われます。8月の港祭りの時には、「ワッショイはこだて」という、踊りパレードが行啓通りを目指します。町内会や会社などの多くの団体が、港踊りやイカ踊りを道路いっぱいに繰り広げ、電車通りや行啓通りを練り歩きます。通りを埋め尽くす踊り手たちの中に、多くの見物客も加わり、熱く激しく燃え上がっていきます。

食事を楽しもう

五稜郭は飲食店の件数も多く、多くの人が利用しています。活きがよく、新鮮で豊富な海の幸を生かした料理店が、五稜郭付近にはたくさんあります。新鮮なネタを乗せた寿司は、函館の名物になっていて、多くの寿司店があります。新鮮な魚介類をふんだんに使った、郷土料理は、種類も多く、店もたくさんあります。思う存分味わって楽しむことができるでしょう。

函館の名物イカ

函館名物イカ

夏になるとイカ釣り船の漁り火が、暗い津軽海峡に明るく灯り、函館の夏を感じさせます。海流が強い津軽海峡のイカは活きがよく、函館の名物になっていて、水揚げされたイカは、新鮮な状態で市場や料理店に届きます。イカ刺しが代表的メニューで、生簀に入れられて活イカ刺しとして出されたり、函館朝市ではイカ釣りに使われ、釣られたイカをその場で刺身にしてくれたりします。活イカ刺しは醤油をたらすとグニュグニュと動き出し不思議です。イカを細く切って盛りつけたイカソーメンも人気です。五稜郭では、函館のイカを味わってみましょう。